1. TOP
  2. 0.四季-Four Seasons-
  3. 結婚式
  4. 結婚式したいけどお金がない!費用を節約する裏ワザとは?

結婚式したいけどお金がない!費用を節約する裏ワザとは?

結婚式
  572 Views

結婚式を挙げたいけど
お金がないから諦める…

というそこのあなた。

費用が足りないことが理由で
結婚式を諦めるなんてもったいないです!

結婚式はたしかにお金がかかりますが、
費用を節約する方法はあります♡

今回は

  • 結婚式の費用の相場はどれくらい?
  • 費用を節約する裏技をご紹介!

について徹底的に調べてみました。

結婚式は一生に一度。

私自身、ついこの間結婚式を挙げてみて、
心から「やってよかった」と思っています。

やりたい気持ちがあるのなら、
節約の知恵をしぼって挑戦してみましょう!

Sponsored Links

結婚式の費用の相場はどれくらい?

まずは結婚式の費用の相場
知っておきましょう。

全国平均の費用総額は約359.7万円、
招待人数は約71.6人。
(引用先:ゼクシィ)

一般的に、

  • ホテルの場合:相場より少し高め
  • 結婚式場の場合:相場並み
  • 海外挙式の場合:行き先によって差が大きい
  • 家族のみの場合:相場より安め

といわれています。

結婚式をしたいけどお金がない!費用を節約する裏技をご紹介!

ではいよいよ、相場より費用をおさえる
節約の裏技をみていきましょう!

その1.結婚式の無料相談デスクを利用する

まずはなによりも
ハナユメの無料相談デスクを利用しましょう。

無料相談デスクの利用は当然無料。

なのにハナユメ経由で式場と契約すると、
お得なハナユメ割引が受けられるのです!

その額なんと最大100万円!
(式場によって金額は異なります)

これは大きな節約&お得になりますよね♡

ハナユメ公式サイトで詳しく確認する

 

ハナユメの無料相談デスクは
全国各地にあります。

相談を予約すれば
コーヒーなどの特典がもらえることもあるので、
ぜひ一度相談してみてくださいね。

その2.ドレスを節約する方法

結婚式の費用の中で
大きなウェイトを占めるのは衣装、
それもドレスです。

レンタルの場合、

  • ウェディングドレス:20~60万円
  • カラードレス:10~50万円

が相場といわれており、
有名デザイナーの作品ならもっと高額です。

加えて、ティアラなどの
アクセサリーのレンタル代もかかります。

 

そこで節約の裏技です!

  • お色直しをせずドレスを1着にする
  • ドレスやアクセサリーを友人や親族に借りる
  • 衣装にこだわりがないなら、
    10万円前後のドレスを購入する
  • レンタルアクセサリーを宝石ではなく
    イミテーションにする

この4つを試してみましょう。
ぐっとドレス代を節約できますよ(*^-^*)

その3.引き出物を節約する方法

引き出物は招待客へのお礼の品なので
クオリティーを下げる節約はNGです。

引き出物を持ち込む

式場で手配できる引き出物は定価ですが、
ネットなどにはもっと安くで
同じ商品が販売されています。

引き出物の持ち込み料を差し引いても
お得になる場合もあり、要チェックです。

引き出物宅配を利用する

引き出物宅配とは、
後日引き出物を郵送する方法です。

送料はかかりますが、
紙袋代や引き出物包装代を節約できます。

紙袋付きの品物で購入する

引き出物を入れる紙袋、
あれ実は300~500円ほどします。

ティファニーなど紙袋付きの品物を選べば、
式場の紙袋代を節約できる上に
なんだかラクジュアリーな気分になれます♪

Sponsored Links

その4.ウエディングケーキを節約する方法

ウェディングケーキって
実は10万円くらいかかります。

でもケーキは欲しいですよね(´;ω;`)

そこで節約の裏技としては、

  • 生花やマカロン装飾を諦めて
    クッキーやビスキュイなどにする
  • スクエアや丸型などスタンダードな形を選ぶ
  • 街のケーキ屋に外注する
    (持ち込み料に注意!)

という方法があります。

普通に豪華に見えるけれど
安価に仕上がる装飾&形を選ぶのがコツです。

その5.お花を節約する方法

結婚式を挙げてみて私が一番驚いたのが、
お花の高額っぷりです((+_+))

ブーケトスのブーケが5000円もするなんて、
思いもよりませんでした…。

そこで私がやったお花節約の裏技は、

  • 会場の装花はプラン内のものにする
  • 生花ブーケは外注
  • お色直し用ブーケは手作りする

の2つ。

当日はテーブルにお料理が常にありますから、
装花はプラン内の一番地味なものでも
まったく違和感ありませんでした。

また生花のブーケも
式場なら3万円ほどしますが、
街のお花屋さんなら1万円ほどです。

生花にこだわらず、
造花ブーケを手作りするのもおすすめです。

最近は100均の造花もきれいですから、
遠目に見ればちゃっちく見えません(*^-^*)

その6.ムービー系を節約する方法

披露宴といえばムービーですが、
これはもう手作りしちゃいましょう!

Windowsのメディアプレイヤーでも
十分なムービーが作れますよ(*^-^*)

その7.ペーパーアイテムを節約する方法

招待状などのペーパーアイテム
式場で定価のものを買うと
地味に費用がかさみます。

街の文房具店やネットで探してみましょう。

安くてかわいいのがたくさんありますよ♪

私も席札と席次表はネット通販しました。
印刷までしてくれて、
式場のものよりもお安かったです(*^-^*)

その8.写真やアルバムを節約する方法

プロのカメラマンに写真撮影を頼むと
結構お高いです…。

親族や友人でカメラ好きの人に頼めば
カメラマン代を節約できます。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

お金がないからって
結婚式を諦めるのはもったいないです!

とことん節約して、挑戦してみましょう。

ご紹介した以外にも
節約できるポイントはたくさんあります。

二人で話し合いながら、
友達や親族に助けを求めてみてください。

きっとみんな喜んで、
手作りアイテムを手伝ったり
アクセサリーを貸してくれたり、
協力してくれますよ(#^.^#)

 

なお、結婚式場の値引きのコツについては
こちらでもふれています。

⇒結婚式場の決め方!式場探し・値引きのコツを徹底解説!

ぜひ参考になさってくださいね☆

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

Fragrance For Seasonsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Fragrance For Seasonsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

sweetflower

動物好きのアラサー行政書士。半年前に結婚式を挙げました!少しでもみなさんのお役にたてる情報を提供できるよう、がんばります。

関連記事

  • 結婚式場の決め方!式場探し・値引きのコツを徹底解説!

  • 結婚式の親族のみ・身内だけの費用はどのくらい?【完全版】

  • ハワイの結婚式が安いおすすめの時期は?

  • プロポーズされたら!入籍までにする3つの事とは?

  • ハナユメの口コミ!定額ウェディングやハナユメ割の評判とは?

  • 海外挙式・海外ウェディングの費用を格安にする5つの方法