1. TOP
  2. 0.四季-Four Seasons-
  3. 雑学
  4. 留意・注意・用心の違い!どんな意味や違いがあるの?

留意・注意・用心の違い!どんな意味や違いがあるの?

雑学
  52 Views

留意』と『注意』と『用心』。

なんとなーく違う意味にも思えますが、
この3つの正確な違い、ご存知ですか?

たとえば

「この点にご留意ください」

「風邪をひかないよう注意してください」

「火の元にご用心!」

と言われたときに、
パッと違いが浮かぶでしょうか?

ニュアンスが違うのはわかるけど…
という方も多いと思います”(-“”-)”

そこで今回は
留意』と『注意』と『用心』の違い
を調べてみました。

  • 留意・注意・用心の違いとは?
  • 留意・注意・用心の使い方とは?

について詳しくお話しします。

実はこの3つ、ニュアンスだけでなく
結構明確な違い
があります。

とっても簡単な違いですので、
ぜひ覚えてくださいね(*^-^*)

Sponsored Links

留意・注意・用心の違いとは?

留意と注意と用心の違いはずばり!

  • 気をつける度合い

です。

留意も注意も用心も
『気を付けて』という意味の言葉ですが、
その度合いがはっきり違っているのです。

それぞれの意味を確認しつつ、
どのくらいの”気を付けて”なのかを
詳しくみていきましょう。

1.留意の意味とは?

まずは留意です。

留意を辞書でひいてみると、

ある物事に心をとどめて、気をつけること。
(引用元:コトバンク

とあります。

『心にとどめる程度の気を付ける』なので、
”気を付けて”度合いとしては低いです。

「心にとどめる」「気を付ける」など
軽めの言葉に置き換えることができます。

たとえば、

  • 健康に留意する
    (風邪を引かないように心にとどめる)
  • 「サービス利用にあたっての留意点を
    ご一読くださいませ。」
    (サービスを使うなら心に
    とどめておいて欲しいことがあるから、
    一度は読んどいてください。)

という感じです。

2.注意の意味とは?

次に注意です。

注意を辞書でひいてみると、

気をつけること。気をくばること。
(引用元:コトバンク

とあります。

『気を配る程度の気を付ける』なので、
”気を付けて”度合いとしては中くらいです。

留意よりは強く気を付けないといけないので、
「気を配る」「くれぐれも気を付ける」など
少し重めの言葉に置き換えることができます。

たとえば、

  • 「あの子は毎年風邪をひくから
    今年こそ注意してあげないと!」
    (今年こそ風邪を引かないように
    気を配ってあげないと!)
  • 「寝坊しないように注意しないと!」
    (寝坊しないように
    くれぐれも気を付けないと!)

という感じです。

3.用心の意味とは?

最後は用心です。

用心を辞書でひいてみると、

万一に備えて警戒・注意すること。
(引用元:コトバンク

とあります。

『万が一に備えて』なので、
”気を付けて”度合いとしては最大です。

万が一の事態を考えて気を付けるわけなので、
「警戒する」といった
重い言葉に置き換えることができます。

たとえば、

  • 「火事に用心してね。」
    (万が一でも火事にならないよう
    よく警戒してね。)
  • 「地震に用心して防災グッズを
    ちゃんと揃えておこうよ。」

    (万が一の地震を警戒して
    防災グッズを揃えておこう。)

という感じです。

 

留意・注意・用心の違い
  • 気を付ける度合いが違う
  • 留意<注意<用心
Sponsored Links

留意・注意・用心の使い方とは?

留意と注意と用心の意味、
ご理解いただけたでしょうか?

となれば、もう使い方は簡単ですね(*^-^*)

気を付ける度合いに応じて、
使い分ければOKです。

  • 心にとどめてほしいとき⇒留意
  • 普通に気を付けてほしいとき⇒注意
  • 警戒してほしいとき⇒用心

 

ちなみにですが…ビジネスの場面では
特に『留意』を使うことが多いです。

これは、用心は相手に
強く気を付けるよう求める言葉なので、
相手の立場を考慮すべき仕事の場面には
あまり適さないからです。

仕事で使うなら、『留意』『注意』程度
とどめておくのがおすすめです◎

まとめ

いかがでしたか?

留意・注意・用心はどれも
『気を付けて』という意味の言葉です。

しかし、その”気を付けて度合い”が
大きく違っています。

  • 留意:心にとどめる程度
  • 注意:普通に気を付けるくらい
  • 用心:警戒するレベル

という感じで、
留意<注意<用心です。

気を付けてほしい度合いを考えて
使い分けるようにしましょう。

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

Fragrance For Seasonsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Fragrance For Seasonsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

sweetflower

動物好きのアラサー行政書士。半年前に結婚式を挙げました!少しでもみなさんのお役にたてる情報を提供できるよう、がんばります。

関連記事

  • 郵便局での住所変更は代理でもできる?必要な物をご紹介!

  • おざなりとなおざりの違い!正しい使い方とは?

  • 郵便局での両替は手数料が必要?小銭や新札はどうなる?

  • 気が小さくても大丈夫!礼金と敷金の交渉方法とは?

  • 名古屋のプラネタリウムは世界一ィィィ!ギネスが認めたクオリティとは?

  • 併せてと合わせての違い!公用文ではどっちを使うの?