1. TOP
  2. 蚊の対策にはハーブがオススメ!愛犬・猫を守る有効な方法は?

蚊の対策にはハーブがオススメ!愛犬・猫を守る有効な方法は?

 2016/05/06 雑学
  3,512 Views

夏といえば海やスイカや夏祭りなど、
楽しいこともたくさんありますが
などの害虫に悩まされる季節でもあります。

とくに犬を飼っている方にとって頭が痛いのが
蚊を介して犬に寄生するフィラリア
愛犬が最悪の場合死に至る感染症です。

80dec216de2ee9a975a2b635e2c9d9d4_s

市販の物では体への影響が
ちょっと心配な方の為に、
犬や猫がうっかり舐めても悪影響にならない
ハーブの虫除けについてまとめてみました。

猫まっしぐら?イヌハッカ

まずはこちら。
イヌハッカ。別名キャットニップです。

英名ではキャットミントと言うそうですが、
日本でよく見る、
ラベンダーのように青い花を咲かせる
ブルーキャットミントなどとは違う品種です。

cup-leaf-spring-leaves (1)

ハーブとしての効能は
胃腸障害湿布などとして活躍。
そして駆虫効果としては、
蚊やノミを寄せ付けず、
更にはあのゴキブリを撃退する
という報告まである期待の虫除け植物です。

育てる際の注意事項としては、
猫が体を擦り付けて
大喜びする
物質を含むため、

栽培時には荒らされないよう
気を付けましょう。


イヌハッカ、別名キャットニップ、
またの名を「西洋マタタビ」といいます。
ぐでんぐでん。

Sponsored Links

他にもいろいろ蚊対策

他にも蚊に効果的と
言われている植物はあります。

まずはゼラニウム

欧州の窓辺に植えられているのは
虫除けの為なんだとか。

bc4c6c9f58747256767267bdecd2a123_s

シトロネラというハーブも、蚊が嫌う
「シトラール」という成分を含むため、
効果があると言われています。

更に品種改良したのが蚊連草(かれんそう)
ゼラニウムとシトロネラの交配種です。
ハイブリッドな効果が期待できそう。

更に、バジルレモングラスタイム
ローリエヨモギなどのお馴染みハーブも
効果があるとされています。

が、・・・

より効果を求めてアロマに

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s

普通に植えてある植物には、
普通に蚊が止まっているのを見た、
という報告もあります。

より高い虫除け効果を求めるなら、
ギュッと凝縮した
アロマの方をオススメします。

市販のアロマオイルから自分好みに、
効果を考えながらオリジナルで作る事も可能。
コレはこれで楽しそうです。

シトロネラやゼラニウムの
エッセンシャルオイルから
虫除けスプレーを作ってみましょう。

*まず、エッセンシャルオイルは
そのままでは水に溶けません。
水と混ぜ合わせやすくするために
エタノール(キャリアオイル)5ml
エッセンシャルオイル10滴を加え、
よく混ぜ合わせます。

*次に、それをスプレー付きの
遮光瓶に移し、
水45mlを加えて混ぜ合わせます。*後は肌にスプレーするだけ。
使用前に毎回よく振りましょう。

香りは少し違うオイルを足すなどして
自分好みに調整しても良いそうです。
お好みの一本を作りましょう。

Sponsored Links

犬のフィラリア予防の為に

今回の虫除け植物についてまとめ

・特に駆虫効果が期待されているのは
 イヌハッカ・シトロネラ・ゼラニウム
 そして蚊連草
・他にもハーブ系を蚊は嫌う傾向
・より良い効果を得るためには
 アロマオイルを試してみよう

 
それにしてもハーブすごいですね。
食べておいしい、胃腸に優しい、
虫除けにもなるなんて、よく出来た植物です。

aa76f41b18ec4d831b5db4ab472225e5_s

蚊は犬のフィラリアも説明したとおりですが、
デング熱など人にも
影響を与える感染症も媒介しています。

犬や猫、それに小さな子供さんなどが
口に入れても大丈夫な虫除け、
とても大事です。

大切な家族を守るため、
長袖に軍手、虫除けネット付き帽子を装備して
虫除け対策ハーブを育ててみませんか?

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

Fragrance For Seasonsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Fragrance For Seasonsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

hashimoto3-3-3

hashimoto3-3-3

閲覧ありがとうございます。