1. TOP
  2. お盆の海は混雑してる?知っておきたい3つのポイント

お盆の海は混雑してる?知っておきたい3つのポイント

 2015/05/06 お盆
  7,124 Views

皆さまこんにちは。

夏休み、お盆休みの予定は
お決まりでしょうか。

夏といえば海ですが、
お盆休みに海水浴に行こうと

計画を立てているも多いかと思います。

そこで今回は、
混雑情報や観光案内をはじめ、

その他知っておくと
得をする情報をあつめました。

IMG_3956

お盆に海に行くなら知っておきたい
3つのポイント!という

3本柱のテーマに沿って
お役立ち情報をご紹介していきます!

まず1つめは気になる混雑&渋滞情報から!

 

スポンサーリンク

 

お盆の海水浴場の混雑状況と渋滞情報

お盆休みは8月13日から8月16日です。

この期間、人気の海水浴場は
かなりの混雑が予想されます。

伊豆海岸や江ノ島海水浴場、
茅ヶ崎海岸(サザンビーチちがさき)など

東京近郊、神奈川県の海水浴場は、
現地までの道路がとても渋滞します。

pexels-photo-64687 (1)

渋滞を回避する方法は
電車で始発に乗っていけば

早く海に着いて遊ぶことができますが、
海以外にも観光をしたいし、

帰りのドライブも
楽しみだったりするので利便性や

交通費などを考慮すると
やはり車で出かけたいですよね。

車を利用する場合はどうやって
混雑を回避するか・・が
カギになりますよね。

湘南エリアの海水浴場付近の駐車場は、
朝の6時くらいから
車がちらほらと並び始めるほど・・

朝8時には混み始めます。

43dc98fdf111a0f261b07fcaff11f935_s

なので出来る限り早朝に
}出発することがポイントになります。

 

  • 東京~伊豆・熱海方面へのおすすめルート

①西湘バイパス~真鶴道路ルート国道129号線
②金田で国道246を右折
③厚木から小田原厚木道路でターンパイクを利用
④箱根を抜けて熱海へ

 

  • 東京~江ノ島・茅ヶ崎方面への
    おすすめルート

①横浜新道の新保土ヶ谷IC
②横浜横須賀道路経由で朝比奈ICへ

 

ですが、湘南エリアは
年中混雑しているほどの人気スポットなので、

お盆の時期に遊びに行くなら
やはり電車を利用するのが正解です。

train-railway-s-bahn-transport (1)

車は浮き輪、ボードなどの
かさ張る荷物を積めるので便利ですが、

ここは現地で
レンタルに頼って荷物を最小限にし、

公共機関で移動するのが吉でしょう。

 

  • 現地で調達(購入orレンタル)できるもの

レンタルできるもの

パラソル、バナナボート、
ボディボード、サマーベッド等

※ レンタル料金の相場は
各種1000円から2000円くらいです

 

購入できるもの

浮き輪、サンダル、軽食

レンタルできるものはなるべくレンタルして
現地調達で荷物を少なくすることが
疲れずにレジャーを楽しむ秘訣ですね!

2つめは持っていくと
役に立つ必需品についてです。

 

スポンサーリンク

 

持っていくと便利な必需品は?

pexels-photo-65977-medium
水着、サングラス、日焼け止め、帽子など
紫外線対策グッズですね。

あとは浜辺に持っていけるリュックと小銭入れ、
ウエストポーチなんかも重宝します。

 

  • 花火大会の開催日に注意!

花火大会の開催日は周辺の道路が
通行止めになりますので
注意して下さいね。

2015年8月の熱海海上花火大会は
8月5日、8月7日、
8月17日、8月23日です。

 

3つめはクラゲの発生時期について。

近年、クラゲの発生時期が
早くなっているといわれていますが、

今年の時期はどうなのでしょうか?

クラゲの生態を知って
今年の発生時期を予測してみましょう!

 

クラゲが出るのはいつ頃から?

水族館でみるクラゲは
神秘的で美しいですね。


まずはこちらの動画を
ご覧になって癒されてください・・

 

水族館の動画で
良い心地になっていただいたところで
海水浴場にドロンと
浮かぶクラゲの出没情報です。

私も何度かクラゲに刺されたことがあるので、
ちょっとトラウマでして、
写真をみるだけでも、
いや・・な気持ちになってしまいます。

出来る限り、クラゲに出会わないように、
彼らの生態と
出没時期を知っておきましょう!!

毎年お盆を過ぎたころから
クラゲが発生するといわれています。

しかし近年は異常気象が原因で、
クラゲの発生時期が早くなっていて、

2014年はお盆前なのに
クラゲが出た海水浴場もあったようです。

pexels-photo-67209 (1)

クラゲが大量発生する年の天候、
気候には特徴があります。

まず、梅雨明けが早いことと、
猛暑日が続いたときです。


梅雨から8月初旬の天候、気候で
おおむね予測することができるんですね。

逆に、梅雨明けが遅くて、
冷夏だった場合は

クラゲの発生時期も遅くなりますし、
繁殖数も少なくなる、というわけです。

 

熱海や湘南など
人気の海水浴場では人が多く、

クラゲ防止ネット(網)が張られていたり
対策されているので、

ほぼ出くわすことはないのですが、
稀に大きいのに
出会ってしまうひともいるようで、

クラゲよけローションを塗っておくと
かなり効果があります。

というわけで今回は夏のレジャー、
海水浴の話題をお送りしました。


皆さま、楽しい夏の思い出を作ってくださいね!!

 

スポンサードリンク

 

\ SNSでシェアしよう! /

Fragrance For Seasonsの注目記事を受け取ろう

IMG_3178_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Fragrance For Seasonsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

emitaro

emitaro

こんにちは♪
FLAT SPACEのメインライターのemitaroです。

季節の行事を私なりの視点でお伝えしていきます。
子供のころから絵を描くことや物語を空想することが大好きでした。
記事の中には私の描いたイラストや、オリジナルの物語を
動画でご紹介しているものもありますので、ぜひご覧ください!!