1. TOP
  2. 成人式の振袖メイクを画像で紹介!

成人式の振袖メイクを画像で紹介!

 2014/11/03 成人式
  6,082 Views

大人になる儀式の成人式。

綺麗な着物を着て上品に綺麗に
自分を演出したいですよね。

 

そこで大切なのがメイク

いつもと同じメイクじゃつまらない。
着物に合う成人式メイクで
周りと差をつけちゃいましょう。

 

Sponsored Links

 

成人式の着物メイクのポイント

 

 

 

 

ベースをしっかり 

着物は華やかでインパクトがあります。

それに負けない顔を作る為に
ベースメイクいつもの倍くらい時間をかけましょう。

1

少し白すぎるかな?
というくらい白くしても着物なら違和感ありません。

コンシーラーとファンデーションで
しっかりとマットでむらの無い肌を作ります。

 

着物の場合はあまり立体感を作らずに
平面に作り上げた方が似合います。
陰影などは作らないようにしましょう。

このベースメイクの仕上がりが着物メイクの
8割を占めるくらい
とても大切なところです。

 

アイメイク

次にポイントとなるのがアイメイク。
出来るだけ大きく切れ長の目を作りましょう。

アイラインやつけまつげなどで目尻を上げて
シャープな印象を作ると
着物ととてもよく合うアイメイクが完成します。

無題

アイシャドウの色は着物と同系色の色にすると
違和感ないでしょう。

帯や小物などの色に合わせても
アクセントになってお洒落ですね。

 

リップ

昔は着物には真っ赤なリップが定番でしたが
今はそこまで強調しなくても良いでしょう。

ただリップラインははっきりと出るように
いつもより濃い目のリップを作ると良いです。

imagesGUSSFLPV

グロスをする場合は
あまりキラキラテカテカするようなグロスは避けて
少し潤うくらいのグロスにしましょう。

マットな仕上がりの方が着物に合います。

 

チーク

普段メイクではチークを濃い目に入れる
メイクも流行っていますが
着物ではチークは薄くふんわりが基本です。

images90194PAK

ベースメイクをしっかりしている顔に
チークを濃く入れてしまうと
厚化粧で派手なイメージになり
また幼い印象も与えてしまいます。

あくまでほんのり薄くが基本です。

 

通常より少し短めの眉でやや太めが良いです。

平面な顔に見せるほうが着物映えするので
直線眉にすると良いでしょう。

ただ不自然になってしまうようであれば
そこまで意識せずに
自分に眉に少し太さをプラスする程度でも大丈夫ですよ。

 

Sponsored Links

 

可愛く?清楚系?クール系?なりたい自分をイメージ!

可愛く

photo_09_01_L

可愛い華やかなピンク系の着物の人は
メイクも可愛く仕上げましょう。

チークはピンク系を頬の中央にほんのりとのせ
涙袋を作るために白のラメを軽く目の下に入れると可愛いですよ。

 

クールに

20120208_673283

黒や紫の着物で格好良くクールに決めたい人は
メイクもクールに仕上げましょう。

目元はクールに決めるためにアイラインを濃い目に囲んで
ブラウン系のシャドウを使います。

チークをする場合は濃いオレンジを縦長に。
リップは赤で引き締めるとクールです。

 

清楚系に

images66DUOHCV

清楚に仕上げるポイントは色味を抑える事。
アイメイクやチークは薄めにしましょう。

薄いだけのメイクだけ着物を着るとぼやけてしまいますが
ベースメイクで白肌をしっかり作り
濃い目のリップを入れるだけで
着物に負けない清楚メイクが完成します。

黒髪の人は特に似合うメイクですね。

 

個性を出したい

PICT7234

人と同じ成人式スタイルは嫌という人は
メイクでも差を出してみましょう。

 

imagesSGI8L0XI

 

アイメイクは目尻だけ色をブルーやオレンジで
変化をつけてみたり目の下にラメのシールをのせてみたり
奇抜なメイクでも着物だと意外としっくりきたりしますよ。

 

ぜひいろんな メイクを試して
着物に合うメイクを完成させましょう。

 

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

Fragrance For Seasonsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Fragrance For Seasonsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

Fragrance For Seasons 編集部

Fragrance For Seasons 編集部

編集部では、季節の行事を通じて様々な日本の風習やその意味合い、現代におけるあり方などを色々なライターさん観点からコンテンツを配信していきます!

コメントを残す

*

CAPTCHA