1. TOP
  2. 郵便局での速達の日数はどれくらい?土日でも届くの?

郵便局での速達の日数はどれくらい?土日でも届くの?

 2017/09/20 雑学
  79 Views

急いで届けたい郵便物。
みなさんは、どうしていますか?
最もポピュラーなのが
郵便局の「速達」ですよね。

ところが、配達日数や封筒の書き方など
意外と知らないことも多いのでは
ないでしょうか。

そこで今回は、郵便局での「速達」を

  • 速達の日数は?土日も配達可能?
  • 赤いラインは必須!速達封筒の書き方
  • 速達に匹敵する?レターパックに注目!

といった内容で紹介します。

これを知っていれば、急を要する
郵便物の発送も安心!

速達に匹敵するとも言われる
レターパックについても紹介しますので
最後までご覧くださいね。

 

Sponsored Links

 

郵便局での速達の日数は?いつ届くの?

基本的には、翌日の午前中配達となっています。

もちろん、距離によりますが、
普通郵便にくらべて半日~1日早く届くと
考えておけば良さそうです。

普通郵便は、配達局に朝までに到着
した郵便物を当日配達とするため、
以降に届いた郵便物は翌日配達となります。

一方、速達は15時までに到着した郵便物が、
その日のうちに配達されます。

なお、郵便局の公式サイトでは、
差出元と宛先の郵便番号から
配達日数の目安を調べることができますので、
参考にしてみるといいかも知れません。

日本郵便のサイトへはこちらから

 

郵便局での速達は土日でも受付してくれる?

土日は原則休みの郵便局が多いですが、
本局や支局といった大きな郵便局
年中無休で営業していることが多く、
土日の速達受付もしてくれます。

もちろん、ポストに投函してもいいのですが、
その際は集荷時間の確認をお忘れなく。
土日は、平日に比べて最終集荷が早い
ケースがあるため注意が必要です。

 

Sponsored Links

 

速達は土日でも配達されるの?

速達は、土日や祝日も配達されます。

普通郵便の配達は月曜~土曜で、
日曜・祝日はお休みです。

ですから、普通郵便が土曜に出して
月曜着のところを、
速達なら日曜に届けることが可能なのです。
(※地域によって変わります)

 

郵便局の速達の封筒の書き方をご紹介!

出典:http://www.post.japanpost.jp/

普通郵便と同じように、
宛先や差出人を記入したら、封筒上部
郵便番号の上に赤いラインを引いて
一目で速達と分かるようにします。

線の引き方に特に規定はありません。

また、宛名面に四角い枠で囲った
「速達」の文字を書く方も多いでしょう。

こちらは必須ではありませんが、
明記した方が分かりやすい事は
間違いないでしょう。

 

速達の出し方は?

郵便窓口で差し出すか、
ポストへ投函してください。

なお、先程もお伝えしましたが、
お急ぎの場合は投函する
ポストの集荷時間にご注意ください。

 

速達の料金や配達日数を知る方法はある?

速達の料金は、郵便料金+速達料金
となっています。
つまり、郵便物の重量によって
料金が変わります。

加算される速達料金は以下のとおりです。

郵便物(手紙・はがき)

  • 250gまで…+280円(基本料金に加算)
  • 1Kgまで…+380円(基本料金に加算)
  • 4kgまで…+650円(基本料金に加算)

ゆうメール

  • 2kgまで…+320円(基本運賃に加算)
  • 3kgまで…+470円(基本料金に加算)

また、配達日数の目安は郵便局のサイトで
確認することができます。

 

Sponsored Links

 

ゴールデンウィークでも速達は届く?

2017年の例で見ますと、速達は
GW中も毎日配達していました。

一方、普通郵便の配達状況を見ると
日曜・祝日は休配ですので、
5/3(水・祝)~5/5(金・祝)の3日間は
3連続で配達がお休みだったようです。

ゴールデンウィーク中に急ぎの郵便物を
届けたい場合は、速達がオススメです。

 

郵便局で速達を送るならレターパックが便利!

レターパックとは、A4サイズ・4kgまで
全国一律料金で信書も送れるサービスです。

じつは、このレターパックが速達並みの速さ
で郵便物を届けられると
噂になっているのをご存じですか?

それは、レターパックが土日・祝日も配達される
からだと言われています。

速達や書留などのオプション日曜祝日配達が
予め付いているというのは、
かなり付加価値が高いですよね。

それでは、レターパックの2つの種類
レターパックライトとレターパックプラス
2つの違いについて見てみましょう。

その1.レターパックライト

  • 料金は日本全国一律360円
  • A4サイズ・4kgまで、厚さは3cmまでOK
  • 追跡サービスあり
  • ポスト投函OK

郵便受けへの配達となっています。

その2.レターパックプラス

  • 料金は日本全国一律510円
  • A4サイズ・4kg以内であれば
    3cm以上の厚さもOK
  • 追跡サービスあり
  • ポスト投函OK

対面で配達し、受領印またはサインが必要です。

郵便局の窓口でレターパックを購入し、
送りたい物を入れたらポストに投函するだけ
という手軽さも魅力ですね。

 

まとめ

郵便物をスピーディーに届ける手段として
外せない郵便局の「速達」

  • 速達の日数は?土日も配達可能?
  • 要は赤いライン!封筒の書き方
  • 速達に匹敵する?レターパックに注目!

といった内容で紹介しました。

昔からある速達ですが、
普通郵便との配達日程の違い
封筒の書き方など
意外と知らないことも多いのでは?

個人的には、手軽な
レターパックもオススメです。

 

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

Fragrance For Seasonsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Fragrance For Seasonsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

坂本 卯月